幸せな働き方改革サービス
幸せな働き方改革サービス
Menu
幸せな働き方改革サービス

働き方改革 上手く稼働しない理由と企業革命がもたらす生産性向上への方法

健康経営ノウハウブログ編集部
2018/10/27 16:00:00

「一億総活躍社会の実現」を掲げ、はじまった働き方改革。現在、日本が抱える少子高齢化や労働人口の減少、長時間労働などの課題を解決するための取り組みです。それらの問題を改善するためにも、私たちは働き方を見直す段階にきています。今回の記事では、働き方改革の稼働が上手くいかない理由と、必要とされる企業改革の課題について解説していきます。

 

働き方改革が浸透しない職場とその対策

政府主導ではじまった働き方改革ですが、未だに企業への定着が悪いケースや、実施していないケースも見受けられます。ここでは浸透しない理由や対策について述べます。

 

定時で帰るのは悪いことという意識

今まで長時間労働を良しとしていた日本企業において、いきなり定時で帰るのは憚れると思う社員の気持ちもあるでしょう。定時で帰宅したくても、会社からの評価や上司よりも先に帰ることを懸念してしまうのが日本の社会です。この問題には会社の経営陣や上長が率先して、長時間労働への見直しや評価制度の改善をおこなっていけば、残業をする常識をいくらでも覆すことは可能です。

 

新しい働き方を導入して終了

日本全体の大きな課題になっている少子高齢化は、職場にも影響する課題です。働く人が減少しているにも関わらず、表面的な働き方提案になってしまっているケースも。社員の中に浸透させ、新たな働き方を活用していかなければいけません。

例えば自宅でも働くことができるテレワークですが、本来の働き方を十分に導入できておらず、ITを導入することのみで終わっているケースもあります。また、環境整備が十分ではなく一部の社員のみに知らせているなど、社内で未だ活用にいたっていないことが見受けられます。具体的な稼働内容をもとに導入する必要性があります。

 

社員の意識改革ができていない

会社側の意識が重視される一方で、社員の意識も変えていかなければいけません。テレワークなどの働き方も誕生し、多様化している現代において会社側だけでの意識改革では、働き方改革が上手く稼働しないのも無理はありません。社員の望むライフスタイルやキャリアプランは、昔のように統一して考えることはできず、社員が付加価値を生み出すことが求められる時代になっています。そのことで働く意欲を高め、会社の掲げる生産性向上や労働生産性などにも広げていけるのです。 

 

働き方改革で取り入れたい新しい業務のあり方

近年、注目されている働き方改革に適した、新たな業務についてご紹介します。

テレワーク

新たに注目されはじめている働き方として、テレワークをあげることができます。マスコミなどでも盛んに取り上げられていましたので、すでにご存知の方も多いでしょう。働く場所や通勤の時間などにとらわれず、会社以外の場所でも自由に働けるメリットがあります。企業が雇用しているのであれば在宅勤務者として分類されますし、雇用していないのであればSOHOなどで働く形になります。情報通信の技術が発達したことにより、様々なツールを使って仕事ができるようになり、コストも抑えることが実現しています。 business_51

パラレルキャリア

パラレルキャリアは本業の業務だけでなく、副業や社会的活動などをすることを指します。以前は終身雇用に加えて、複業が認められないのが当然でした。現代では複業を積極的に認める企業も増えていて、人脈やキャリア形成を期待する企業も少なくありません。

 

生産性向上を意識した個人の働き方とは

働き方改革には企業側の取り組みは必要不可欠ですが、社員個人の取り組みも重要になってきます。これから求められる社員の特徴をあげています。

 

効率的な作業処理

仕事は常に効率的作業が求められ、労働生産性をあげていくことが課題になります。大きな目標であっても、日々のタスク管理などを正しい方法で推敲している人は、効率的な作業効率が得意です。日々の業務をタスク化しているからこそ、仕事へのパフォーマンスも高められ、今日の信頼や実績につながっているのです。

 

ロジカルシンキングの活用

ロジカルシンキングは論理的思考の意味ですが、仕事での課題を分析し、分類するところからはじまります。その後仮説を立てて情報を集め検証することで、結論に至ります。ロジカルシンキングの活用をすることで、仕事をスムーズに進めたり問題の解決策を導き出したりすることが可能になります。また、客観視することで、第三者にしっかりとした伝達も可能です。

 

コミュニケーションを意識しておこなう

生産性向上への意識が高い人はこのコミュニケーション能力も高くあり、明確な説得力と実績で第三者との信頼関係を育てていきます。ダイバーシティの影響により、多様な人とのビジネスが進められますので、コミュニケーション強化は必須のスキルと言えるでしょう。

business_72

 

セルフマネジメントはいい結果につながる

セルフマネジメント能力も高い傾向にあります。常に生産性向上を考え取り組みますので、日常的に作業進捗やストレス管理をおこなっています。客観的な見方ができることで、今一番すべきことを理解することができるのです。

 

リカレント教育で自身のスキル向上

自身のスキル不足を理解し、自分の弱みを知ったうえで自身のスキル向上にも励んでいます。近年ではリカレント教育が言われていますが、労働者であっても、教育機関で学ぶことができる仕組みです。従来は企業の提案する研修に参加するのが一般的でしたが、これからは自主的にスキル向上をしていくことが求められています。企業側においてはこのことを受けて、業務との両立が可能な仕組み作りや環境整備が必要になっています。

 

女性社員の活躍を促進

働き方改革でも提唱される女性活躍推進法。女性のキャリア形成と活躍を促進させるための法制度です。女性活躍に必要なことや企業側のあり方について述べています。

 

女性自身の意識改革

女性社員の活躍を促進させるためには企業側だけでなく、女性自身の意識改革も必要とされます。働き方改革では女性社員の活躍も促進も進められていますが、決してライフイベントの一部分で決めることではありません。長い人生を総合的に考え、キャリア形成をおこなっていく必要があるのです。そうした意識を女性自身が持つことが、本当の意味での女性活躍推進にもつながることでしょう。

business_43-1出産・育児に柔軟に対応できる環境整備

女性はいつの時代も、仕事とライフイベントの狭間で仕事をしてきました。これまでは、退職が一般的でありましたが、これからは企業側が女性の働きやすい制度や環境整備していく必要があります。

すぐ対応できることとして、時短勤務や在宅勤務などの制度化をあげることができますが、社内でも十分に理解してもらうことが重要です。これには社員の意識改革や評価の方法の改善などがあげられるでしょう。組織全体の改革をおこなうことで、女性も働きやすい環境に整備していくために、企業側が歩み寄りアクションをとっていくことが求められる時代です。

  

働き方改革に伴う企業改革

では働き方改革には何が必要なのでしょうか?企業ができる取り組みについてあげています。

社全体で取り組んでいく決断と周知活動

働き方改革に伴う企業改革を進めていくには、社全体での取り組みやトップの姿勢が重要視されています。改革を進めていくことを社全体にしっかりと周知し、風土を改革する必要があります。また、自社ホームページなどで社外にも周知し、本気の姿勢を見せたところで働き方の改革がはじまると言っても過言ではありません。

 

健康経営の導入

社員個人の働き方が多様化してきている中で、心理的安全性の強化も大切なものになっています。日常のタスクや生産性向上を高めていくことは、心身ともに健全な環境であることが大前提です。健康経営であることが、企業と社員にとって大きな利点です。

 

長期的な視野を持つ

急に働き方改革を稼動しようとしても、これまでの体質や企業の風土がありますので簡単なことではありません。トップの本気の覚悟を周知するとともに、会社全体が円滑に仕事をおこなえる整備や風土作り、適したKPIやKGIの設定を進めていきます。そうすることで生産性向上につながっていくことになります。

こまめな進捗管理とともに進め、改善をどんどんしていく必要も出てきます。働き方改革は長期的な視野が必要であることを肝に命じて進めていくようにしましょう。

 

働き方について学べる本のご紹介

今後の働き方の多様化に参考にできる書籍をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

・働き方ーーー「なぜ働くのか」「いかに働くのか」/稲盛 和夫

京セラ、KDDIの創業者である稲盛和夫氏の著書。日本航空の経営再建などを通して、多くの経験から培った働き方について書かれています。人生と労働の関係性や可能性についても学ぶことができます。

 

・「働き方」の教科書ー人生と仕事とお金の基本/出口 治明

ライフネット生命の創業者である出口治明の著書。それぞれの年代で必要なこと、働き方を詳しく書かれています。人生における仕事のことなど、わかりやすく解説されています。

 

まとめ

働き方改革を進めていくには、企業と社員双方での意識改革が必要です。会社全体での改革の他に、個人レベルでは生産性を向上させていくことを意識しなければいけません。労働者一人ひとりのキャリアデザインと、ライフスタイルに基づいた改善や改革がおこなう必要があるでしょう。

Email登録で最新情報を入手