幸せな働き方改革サービス
幸せな働き方改革サービス
Menu
幸せな働き方改革サービス

働き方改革の成功の鍵は健康増進!健康経営とセットでの取り組みがおすすめ

健康経営ノウハウブログ編集部
2018/09/24 9:00:00

働き方改革としてさまざまな施策が打ち立てられる中、健康経営と別々に考えるのではなく、両輪として取り組む動きが広がっています。働き方改革は現代社会が抱える課題の解決策とされていますが、従業員の健康管理を戦略的に行う健康経営とは、どのような関係にあるのでしょうか。働き方改革・健康経営にセットで取り組むべき理由と、その考え方について解説していきます。

 

働き方改革と健康経営の関係性

働き方改革と健康経営は、いずれも現代の労働現場の課題を改善する取り組みですが、今この2つをセットで進めなければ効果的ではないといわれています。それはなぜなのでしょうか。まずは働き方改革と健康経営の関係性について考えてみましょう。

 

働き方改革とは?

働き方改革は政府が主導する、「一億総活躍社会」実現に向けた取り組みです。現代社会が抱える、労働力の不足、生産性の低下、働き方の多様化などさまざまな課題の解決を目指しています。

格差をなくし年齢や性別に関係なく、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会とするために、次々に施策が実施されているのです。具体的には、法改正による時間外労働の上限規制の導入や、健康で働きやすい職場環境の整備、また女性や高齢者の雇用促進などが挙げられます。

 

健康経営とは?

健康経営は従業員の健康管理を経営課題として捉え、施策を行うことで従業員の健康の維持・増進により、会社の生産性向上を目指す経営手法のことです。会社にとってもっとも重要なリソースである従業員が十分に能力を発揮できるように、健康を個人任せにせず、経営側が積極的に管理・サポートをしていきます。

これにより個々の業務効率を上げると同時に、休職や離職を防止し、最終的に会社への利益還元を果たすものです。健康経営では、従業員の健康管理をコストではなく投資として考えます。

 

働き方改革と健康経営の関係性は?

働き方改革は、企業の課題を解消し、生産性向上を実現するための取り組みを総称しています。一方健康経営は、従業員の健康維持を図ることで、個々の生産性の向上を目指す取り組みです。いずれの取り組みでも、最終的に目指すところが同じでありながらアプローチが異なります。

例えば、働き方改革では時短勤務や休暇取得の奨励、在宅勤務などが取り組みとして見られます。しかし、そうした枠組みが生きるのは従業員が健康であることが前提となっています。休職者が続出している企業で、いくら良い施策を行っても、生産性を上げるのは困難です。

 

働き方改革と健康経営をセットで取り組むべき理由は?

それでは、なぜ働き方改革と健康経営について、セットで取り組むべきなのでしょうか?働き方改革と健康経営はどちらにしても、目的ではなく経営手法です。経営が目指すのは、生産性の向上であれ、取り組みを実施することゴールではありません。企業にとっては従業員ごとの生産性の向上が、企業全体の収益の向上と密接に関係しています。

従業員が健康を維持し、「正常な状態」で仕事を続けられれば、業務効率が上がるでしょう。健康であればこそ、仕事も生活も充実し、ワーク・ライフ・バランスが実現できます。経営の視点では従業員が無理なく働ける環境整備を行い、それによりベストパフォーマンスを得ることで、生産性向上に結び付けられます。

働き方改革と健康経営をバラバラに考えるのではなく、両輪に置くことが生産性を高めるという目標を果たす可能性が強まるのです。また、働き方改革では労働時間について規定されている制限を超えた場合などの罰則がありますが、良い取り組みに対しての顕彰はありません。

健康経営には、「健康経営銘柄」「健康経営優良法人」といった国が与える認定制度があります。しかし、認定取得のために必要な施策には、「長時間労働者への対応に関する取り組み」「適切な働き方実現に向けた取り組み」など、働き方改革と重なる部分が見られます。

 

働き方改革の実現には健康が第一

business_42

働き方改革は生産性の向上が重要なテーマになっており、その実現のために仕事の効率化や業務改善が実施されてきました。ワーク・ライフ・バランスや、休暇制度、在宅勤務なども、仕事に対するモチベーションを失わず、意欲的に働くための考え方や施策です。企業にとって従業員の働く力は財産であり、企業そのものを作り上げているのも従業員になります。

働き方改革により、生産性が向上することは喜ばしいことですが、その根底にあるのは従業員の健康です。健康経営と働き方改革では生産性向上という最終的な目的が掲げられていますが、従業員の健康を守り、維持するのは企業が企業としてあるための大前提ともいえるでしょう。

生産性向上のためだけではなく、大事な従業員の健康が第一の目的であるといえる企業が、働き方改革・健康経営の成果を上げていけるのではないでしょうか。

 

企業として従業員の健康増進のためにできること

「健康経営銘柄」に4年連続で選定された花王では、「ヘルスリテラシーの高い社員を増やす」ことを目標に掲げています。徹底した健康指導を行うと同時に、自分の健康に向き合うための数々の施策を実施しているといいます。従業員の健康を守るために、企業として健康経営の施策を導入するだけでは不十分です。

従業員一人ひとりが自らの健康づくりに取り組むための、環境づくりをしていくことが健康増進・維持に繋がります。上からの指示で「やらされ感」を持ちながら、健康を作り上げることはできません。従業員が自分で健康のために行動していく必要があります。企業はそのための引率役であり、サポーターでなければなりません。

自覚を持たせ、健康への意識を高める環境づくりが、結果として健康経営・働き方改革を推進していくことに繋がります。

 

働き方改革と健康経営の関係性

働き方改革と健康経営はどちらも現在企業が直面している、さまざまな課題の解決の糸口となる経営手法です。それぞれを別個のものとは考えず、企業経営推進の両輪として捉えたとき、大きな効果を生み出す可能性があります。従業員の健康増進と企業の生産性向上には、密接な繋がりがあります。健康的な従業員が、満足して働く職場であれば、企業の未来は確かなものとなるはずです。

Email登録で最新情報を入手