幸せな働き方改革サービス
幸せな働き方改革サービス
Menu
幸せな働き方改革サービス

ワークライフバランスのメリット 仕事と生活の両方を充実させるためには

健康経営ノウハウブログ編集部
2019/05/30 15:04:00

近年叫ばれるようになったワークライフバランス。この記事では、ワークライフバランスとはどういった考え方なのか、注目される理由、導入のメリットなどを解説しています。これからは、日本社会全体にこの考え方が浸透していくことが予想されますので、ワークライフバランスについての知見を深めておきましょう。

 

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは、仕事と家庭生活とのバランスが取れた状態のことです。生活費を稼ぐために労働は行わなくてはいけませんが、長時間労働などの影響で生活が充実していない人がいるのも明らかとなっています。 

ワークライフバランスとは、労働にやりがいや生き甲斐を見出し、さらに生活も充実させることで、どちらか一方に偏らず仕事と生活両方を大切にする考え方です。ライフステージに合わせた柔軟な働き方を見つけることも、ワークライフバランスの充実に必要な条件です。

iStock-658152490

ワークライフバランスが注目されるようになった背景
ワークライフバランスが注目されるようになった背景には、日本が抱えている社会問題が影響しています。少子化対策として、両親が仕事と家庭両方を大切にしなくてはいけなくなりました。そして、女性は出産・育児を経て正社員として働くことが難しくなる、高齢化に伴い労働人口が減少し、人材の獲得が難しくなるなどの問題も生まれるようになりました。 

正社員以外の就労者も増えています。少子高齢化となった日本では、女性や高齢者など、多様な人材を労働者として活かす必要があります。そして、それと同時に家庭を顧みる時間を個々がとる必要があるのです。

ワークライフバランスのメリット

ここでは、ワークライフバランスを導入するメリットを解説します。これからの日本で大切になる考え方なので、おさえておきましょう。 

優秀な人材の確保・離職の防止
 女性は出産や育児によって一旦勤めていた会社を退職する人がこれまでは多く見られました。しかし、ワークライフバランスの考えが浸透すれば、キャリアを断念せざるを得なかった人材が仕事を継続できます。企業は優秀な人材を失わずに済むだけではなく、ワークライフバランスを大切にしている企業は離職率が低下します。離職率の低い企業は新入社員となる人材にとっても魅力的な企業となります。人材流出を防止するだけではなく、確保にも役立つ考え方なのです。

iStock-922106872

社員モチベーションの向上
内閣府による調査では、子育てする人が働きやすい職場、女性登用が進んでいる職場においては、既婚女性だけではなく既婚男性や独身の男女も仕事への満足度が高い傾向にあります。ワークライフバランスの充実度は、社員のモチベーションアップにも繋がるのです。

さらに、人材育成と、仕事と家庭の両立の双方を充実させている企業では、仕事への意欲が高まると回答した事例も見られます。社員のモチベーションアップは、後述する労働生産性の向上にも繋がるため、ワークライフバランスはこれから必要な考え方だと言えるでしょう。

労働生産性の向上
仕事と生活を両立させるには、現在社会問題となっている長時間労働を是正するべく、業務に無駄がないか見直しをしなくてはいけなくなります。さらに、決められた時間内で仕事を完遂させるには、業務効率化を進めることが必須となります。

生産性の向上は社員個人の意識も大切ですが、会社組織が全体で取り組まなくては効果が低いままです。生活が充実していない状態では、仕事の生産性や質が低下してしまう可能性すらあるのです。

心身の健康
業務の効率化による生活の充実や、在宅ワークの導入によって、社員はプライベートな時間を従来に比べて持てるようになります。心身を休める時間ができる、資格取得ややりたいことをできる時間が増えると、心身の健康を保ったり向上させたりするメリットがあります。

また、長時間労働による過労、それに伴い併発する病気や自殺などを防止できるようになるのです。社会問題の改善のためにも、ワークライフバランスは社会的に浸透させていくことが必要な考え方です。

iStock-534040654 

コスト削減
これまでは長時間労働によって残業代が発生し、企業はそれを支払わなくてはいけませんでした。この問題が改善されると、光熱費も残業代などの人件費も削減可能になります。さらに、人材が定着することで、新たな人材を採用するためのコストがかからなくなるのです。新人教育にかかるコストも削減できます。人材採用・教育コストを回収する前に退職・休職する損失を考えると、ワークライフバランスの重要性が分かるようになります。

企業の体質改善・ブランド力強化
ワークライフバランスの実現には、これまで行われていた長時間労働などの企業の古い慣例を改善しなくてはいけません。さらに、テレワークなど多様な働き方を認め、社員を大切に扱い、離職率の低い企業だと周囲が認知することで、企業価値が向上します。優良企業と認められると、自社商品・サービスのブランド力が強化されます。ブランド力強化と業務効率や企業体質の改善によって、更なる成長に繋がると期待できるのです。

まとめ

ワークライフバランスは、仕事と自分自身のプライベートな時間の両方を大切にする考え方です。近年注目を集めているこの考え方は、企業の成長を促し、社員の生活を充実させるなど、さまざまなメリットをもたらすことが分かりました。仕事と生活の両方を充実させるために、ワークライフバランスの考え方を見直しましょう。

startguite_cover

お役立ち資料を無料配布中です。

「何か始めたらいいの?」そんな疑問が解消出来ます。基本情報から導入時のポイントまで、これから健康経営をはじめるご担当者に最適なガイドブックです。

いますぐ資料を無料ダウンロード

Email登録で最新情報を入手